ドキュメンタリー映画「非認可の世界」視聴のための資料
③ディスクロージャー記者会見・公聴会
  
本ページ資料は随時追加掲載、更新してまいります
 

2001年
人類に関与してきた地球外生命体の存在とUFOに関する記者会見


NATIONAL PRESS CLUB'S THE DISCLOSURE PROJECT
ディスクロージャーとは“覆いを外す”という意味です )


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』UFOディスクロージャー・プロジェクト

●2001年5月9日、全米最大の記者会見場ワシントン・DC・ナショナル・プレス・クラブで、20余人のUFO、ETに関する直接体験をした証人を集め100名以上のテレビ、新聞をはじめとするマスコミによる記者会見が行われました。
この出来事はCNNで簡単に放送されましたが、その4カ月後の9/11テロ事件により、残念ながら表の話題に取り上げられること無く現在に至っています。

 UFO ディスクロージャー・プロジェクト(日本語字幕)

■ https://siriusdisclosure.com/

 
 

2013年
人類に関与してきた地球外生命体の存在と米政府の隠蔽情報開示

 
NATIONAL PRESS CLUB'S - Citizen Hearing on Disclosure


●2013年4月29日~5月3日、2001年と同じくアメリカ・ワシントン・DC・ナショナル・プレス・クラブにて行われたこのディスクロージャー公聴会では、この分野の研究者、軍事関係者、エージェントなどのメンバーに加え、米国(下院と上院)元国会議員も加わったことにより、永年アメリカ政府が隠蔽してきた機密情報(トップシークレット)が数多く暴露されました。



(日本語)文字おこし

 
 

2013年:開示情報の映画化「シリウス」
スティーブン・M・グリア博士について


地球人類史上初のUFOディスクロージャー・プロジェクトの主宰者スティーブン・グリア博士は、CSETI (the Center for the Study of Extraterrestrial Intelligence(地球外知性研究センター)、
およびオリオンプロジェクトの創設者です。全米優等医学生友愛会アルファ・オメガ・アルファの終身会員という名誉ある資格を持たれながら、緊急医兼医師として
ノースカロライナ州のカルドウェル記念病院緊急医療科長も務められましたが、CSETI、ディスクロージャー・プロジェクト、およびオリオン・プロジェクトの活動に専念されるために退職されています。博士はこれまでUFOおよび地球外知的生命体に関して鋭い洞察に満ちた書籍や複数のDVDを出版されながら、世界中における様々な市民団体に対して地球外の知的文明との平和的な接触方法(CE-5コンタクト)を教えると同時に、真の代替エネルギー源を一般市民にもたらすべく研究を続けられています。さらに、サンスクリット語の聖典ヴェーダを広範囲に渡り研究されており、マントラ瞑想の指導者として長年活動されてきました。上記の2013年ディスクロージャー公聴会開催と同時に全世界に向けて公開された「シリウス」は、グリア博士の人生体験が綴られた著書「UFOテクノロジー隠蔽工」を原作として製作されたドキュメンタリー映画です。

 ドキュメンタリー映画「シリウス」日本語字

■YoutubeJCETI(日本地球外生命体センター)

 
 

2017年~
ドキュメンタリー映画「Unacknowledged(非認可の世界)」


「シリウス」に続き、2017年に世界へ向けて公開された CSETIスティーブン・グリア博士によるドキュメンタリー映画です。。CSETI公式日本窓口のJCETI(日本地球外知的生命体センター)グレゴリー・サリバン氏によりますと、この「非認可の世界」のNetflixにおける視聴者数は、2019年末時点で全世界で3憶人を超えたというお話でした。
一般的な人を主眼において製作されているこの映画は、私たちの暮らし(人生)が、なぜ努力しても報われないものとなっているのか、その根本要因を知るための入口を作ってくれる作品です。

 映画「非認可の世界」予告編(日本語字幕)

 
 

日本において
JCETI(日本地球外知的生命体センター)のご紹介

 

JETI (日本地球外知的生命体センター)は、地球外知的生命体(ETI)の存在について、より正確な情報を日本国内で広めるためにグレゴリー・サリバン氏によって2010年に設立されました。CE-5コンタクト(第五接近遭遇)、ディスクロージャー(UFO機密情報公開)および、 CSETIスティーブン・グリア博士製作ドキュメンタリー映画等の日本国内における公式窓口を勤められている機関です。

 JCETI活動紹介ビデオ

 
 
 
参考情報-Ⅰ
 
本会では上記関連情報をブログサイトを通じて拡散しております。
 
 
推薦図書